2011年度カリキュラム適用学生向けのページです

追試験

本人の入院・急病・就職活動、災害等やむを得ない理由により期末試験を受験できない場合は、追試験の対象となります。
必要な証明書をご準備のうえ、下記申請方法に従って手続きを行ってください。
追試験は科目により、試験又はレポートのどちらかを実施します。追試験の受験科目数に上限はありません。

※追試験を申請する場合は必ずこちらのページをご確認ください。
申請方法や受付期間など、2022学部履修ハンドブックに記載の内容から変更点が多数あります。

2022学部履修ハンドブックからの変更点
変更前 変更後(2022年度秋セメスターより)
申請場所 アカデミック・オフィス窓口 Microsoft Forms「追試験実施申請フォーム」
申請期間 対象となる科目の試験日を含めて1週間以内 期末試験期間終了日より3日後の正午12:00:00まで(日程は下記参照)
証明書の提出方法 原本を窓口に提出 原本を写真に撮り、写真を申請フォームにアップロード
追試験手数料 1科目当たり1000円 手数料廃止
申請受付期間
2022秋 受付期間 追試験日
第1クオーター 2022/11/21(月)10:00 ~ 11/28(月)正午12:00 12/7(水)
第2クオーター 2023/1/30(月)10:00 ~ 2/6(月)正午12:00 2/13(月)・14(火)
申請方法

2022年度秋セメスターより、追試験申請方法が変更になりました。以下の方法で申請してください。下記リンクのMicrosoft Forms「追試験実施申請フォーム」から申請してください。
https://forms.office.com/r/uSJ4u2Nnb6

  • 窓口での受付は行いません。
  • この申請は追試験の受験資格の有無を確認する為のものであり、追試験の受験を認めるものではありません。
  • 申請フォーム内で証明書のアップロードが必要です。余裕を持って期限内に提出してください。
  • 受付期間を過ぎたものは一切受け付けません。

必要な証明については、下記表をご確認ください。

  • 新型コロナウイルス感染症に感染している場合、感染の疑いがある場合は、病状確認シートを提出してください。
    別途、証明書の提出は不要です。
  • 新型コロナウイルス関連以外の何らかの理由で証明書を発行できない場合、事前にアカデミック・オフィス 試験担当(examteam@apu.ac.jp)までご相談ください。

追試試験が認められる不受験理由 必要な証明および届け出の内容
本人の病気 医師の診断書・法定感染症病状証明書・医療機関受診証明書のいずれかと治療費領収書(受診日または入院療養等に要した期間が試験日を含む証明書のみ有効)
忌引(2親等内の血族または姻族) 死亡日または会葬日が記載されている会葬礼状もしくは死亡に関する公的証明書(死亡日から起算して、1親等は日祝日を含め7日以内、2親等は日祝日を含め5日以内を適用期間とする)
災害 被災証明書
就職試験 就職試験に関する公的証明書(キャリア・オフィスにて交付)
大学院受験 大学院受験票
交通機関の延着 交通機関の延着証明
裁判員制度等に関わる事由 事前の届け出に対し、教学部長が判断する
課外活動その他やむを得ない事由 事前の届け出に対し、教学部長が判断する
追試験日程

申請受付終了後、追試験の受験可否や、詳細の連絡をアカデミック・オフィスよりメールでお知らせします。
追試験を「試験」で実施する場合は以下の日程で実施します。追試験を希望する場合は追試験日を空けておいてください。
追試験を受験できなかった場合、原則として別日程で再度追試験を受験することはできません。

※ただし、新型コロナウイルス関連(濃厚接触を含む)で追試験を受験できない場合、APUヘルスクリニックへ病状確認シートを提出の上、追試験当日の17時までにアカデミック・オフィス 試験担当(examteam@apu.ac.jp)までご連絡ください。

2022秋 追試験日
第1クオーター 12/7(水)
第2クオーター 2/13(月)・14(火)
注意
  • 上の表に含まれない不受験理由では、追試受験は認められません。
  • 追試験は期末試験期間中に実施される試験のみを対象としています。
  • 中間試験には公式の追試験制度がありません。各自で担当教員に相談してください。
  • 言語教育科目の試験には公式の追試験制度がありません。期末試験期間中に実施されるものであっても、各自で担当教員に相談してください。
  • 教育職員免許証(英語)取得プログラム参加者で、教育実習等により期末試験及び追試験ともに受験できない場合には、事前にアカデミック・オフィスに相談してください。
  • 新型コロナウイルス関連(濃厚接触者を含む)で、登校不可期間が追試験期間を含んでおり、期末試験及び追試験ともに受験できない場合には、事前にアカデミック・オフィスに相談してください。

ページトップへ戻る