【2020年度入学生】武蔵野大学/APU教育職員免許状(英語)取得プログラム

武蔵野大学/APU教育職員免許状(英語)取得プログラム生募集について

将来教職に就くことを目指す学生を対象とする、武蔵野大学通信教育部(東京都西東京市)と連携した「武蔵野大学/APU教育職員免許状(英語)取得プログラム」(以下、教職プログラム)です。このプログラムでは、他大学にはない多文化環境の中で学んだAPU学生が英語教員になるという人材育成モデルを実現することを目指しています。

1.教職プログラムとは

APUの学生が武蔵野大学の科目等履修生(※)として、武蔵野大学の教職課程科目を通信制で受講し、卒業時に英語(中学1種・高校1種)の教育職員免許状の取得を目指します。(※科目等履修生とは、その大学の卒業を目指すのではなく、一部の科目の履修のみを行う学生のことを指します。)
教育職員免許状取得のためには、APUの卒業に必要な単位とは別に、武蔵野大学の教職課程科目を約60単位修得する必要があります。また実際に教員として教壇に立つためには、公立学校、私立学校とも「教員採用試験」に合格する必要があります。本プログラム受講希望者は、ガイダンスに出席し、詳細を理解の上応募して下さい。

2.募集・選考
  • (1)対象学生
    2020年度入学の国内学生
    ※ただし、編転入学生は対象外
    ※教職プログラムへの登録が認められた場合、早期卒業プログラムへは登録できません。
  • (2)募集人数
    20名以内
  • (3)選考
    応募書類(志望理由、英語スコア等)に基づく書類審査および面接審査(書類審査通過者のみ)の結果を総合的に評価し、武蔵野大学への推薦者を決定します。
  • (4)募集スケジュール
6月17日(水)~24日(水) 出願受付(アカデミック・オフィス)
※期間を過ぎての応募は一切受け付けません。
6月29日(月)、6月30日(火) 書類審査・面接審査
7月8日(水) 選考結果発表
7月15日(水)(予定)<合格者のみ> 出願手続ガイダンス(参加必須)
10月 1日(木) プログラム履修開始
3.教職プログラム費用
  • (1)武蔵野大学へ収める学費
    総額約600,000円
    *詳細な内訳は、ガイダンスで配布する資料を参照してください。
    *入学金(30,000円)以外は、年度ごとに支払います。当該年度に設定される学費が適用されることとなります。
    *教職プログラム費用の支払いは、武蔵野大学の指定口座への振込み(または預金口座からの引き落とし)で行うこととなります。
  • (2) その他費用
    その他、スクーリング受講や教育実習、介護等体験実習のための交通費、食費、宿泊費等の諸経費が必要です。
4.募集要項

募集要項 (PDF)

別紙1:科目履修モデルおよび学費 (PDF)

5.応募方法
  • (1)提出書類
    ・応募書類(PDF/Word
    ・英語試験結果のコピー(「.pdf」,「.jpg」,「.jpeg」,「.png」のいずれかの形式で提出してください。)
    (TOEIC、各種TOEFL、英検等持っているスコア全て提出してください。)
  • (2)応募書類の記入方法について
    Wordファイルをダウンロードし、すべての項目を記載してください。
    また記入完了後WordファイルをPDFの形式で保存してください。
  • (3)書類の提出方法について
    (1)の提出書類一式を以下のアドレス宛に提出してください。
    kyosyoku@apu.ac.jp
  • (4)提出期間
    6月17日(水)~6月24日(水)16:30
    ※6月24日(水)16:30を過ぎての提出は一切受け付けません。

<本プログラムに関する問い合わせ先>
立命館アジア太平洋大学 アカデミック・オフィス 教職プログラム担当
Tel:0977-78-1122

「2020年度武蔵野大学通信教育部学生募集要項(秋入学版)」(PDF)

<参考:武蔵野大学通信教育部教育学部児童教育学科英語科専修ホームページ>
http://www.mu-tsushin.jp/university/course/education/english

ページトップへ戻る