センター紹介|立命館アジア太平洋大学

センター紹介

Center for Inclusive Leadership Aspire Participate Unleash

インクルーシブ・リーダーシップセンター(CIL)は、インクルーシブ・リーダーシップの学術的研究、教授法、及び実践方法について探求・推進していきます。
CILの目標は、輝かしい、持続可能な未来に向けて果敢に挑戦をするインクルーシブ・リーダーのネットワークを構築することです。
そして、研究活動や議論、ワークショップを通じてCILは専門家や学生に対して、インクルージョンを推進する原動力となり、解決策の創造に参画し、
ダイバーシティの持つ可能性を解き放つ力を備えさせることを目指します。

センター長挨拶

  • Alcantara Lailani Laynesa

    Alcantara Lailani Laynesa

    センター長
    立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 教授

    この度、インクルーシブ・リーダーシップセンター(CIL)のセンター長を務めることになり、とても光栄に感じております。このセンターは日本の中で、ダイバーシティーに富んだユニークな機関として高い評価を受けるAPUで設立されました。本センターでは、インクルーシブ・リーダーシップについて新たに思索し、研究を行うとともに、ビジネスや社会に影響を及ぼすインクルーシブ・リーダーシップの重要性に対する一般の意識を高めることによって、ダイバーシティーとインクルージョンを本質的価値とした次の一歩を踏み出すことをめざしています。大学や社会の有識者の方々と密接に協力し、同じミッションを持つ法人やその他の機関とのパートナーシップを築いていけることを楽しみにしています。

副センター長挨拶

  • 篠原 欣貴

    篠原 欣貴

    副センター長
    立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 准教授

    この度、インクルーシブ・リーダーシップセンター(CIL)を設立できたことを大変嬉しく思っております。APUは、日本で最もダイバーシティのある環境を提供できている大学です。一方、そうした多様な人々が各々の個性を発揮するという点に関しては、今後ますます取り組みを強化する必要があります。CILでは、そうした多様な人々の能力を最大限発揮させる新時代のリーダーの研究に力を注ぎ、日本だけでなく世界で活躍できる人材を育てていきます。

実施責任者挨拶

  • 大竹 敏次

    大竹 敏次

    実施責任者
    立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 教授

    この度採択された私学研究ブランディング事業を通じて、我々の研究テーマである「インクルーシブ・リーダーシップ」に関して理論研究だけではなく現場の教育へも実践し、「グローバル化した現代社会の課題を解決する大学」というブランドを達成したいと考えております。また、国内外の研究者、企業家、教育機関、認証団体等と様々な取り組みを実行することにより、「インクルーシブ・リーダーシップ」研究の世界の拠点となれるよう研究を着実に進めて参ります。