立命館アジア太平洋大学

CLOSE

学生生活

学費の全体案内

自動チャットでのお問い合わせ(PC用)

学費に関するお問い合わせは、ぜひ以下の自動チャットもご利用下さい。
ご質問の内容は以下にございますか。ない場合は、お手数ですが下のバナーからキーワードを2語以上直接入力ください。

※チャット内に個人情報を入力されてもご回答はできかねますので、お控えくださいますようお願い申しあげます。
※AIによる自動回答のため、お役に立てない場合もございますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

学費金額一覧

学費金額は、入学年度や回生によって異なります。以下のリンクからご確認願います。

※分割による納付はできません。

学費納付金額の確認方法(各セメスター毎)

学生個人毎の納付金額は「学生向けWEBサイト:Campusmate(キャンパスメイト)」上でもご確認可能です。必要に応じて学生本人がCampusmateにログインし、納付書またはゆうちょ引落通知書の閲覧や印刷が可能(PDF)ですのでご活用下さい。
※Campusmateでの掲示は、各セメスター開講後、ご案内の準備ができてからとなります(春:4月中旬、秋:10月上旬)。予めご了承ください。
※納付書は、印刷の上で各銀行窓口にてご利用することも可能です(ゆうちょ銀行を除きます)。
Campusmateでの確認方法

納付期日

学費は、セメスターごとに一括納付しなければなりません。一部でも納付されていない場合は、除籍となり、当該セメスターの単位も認定されません。必ず所定の期日までに納付をしてください。また、一旦納付された学費は、いかなる理由を問わず返金できません。

セメスター 一括納付期日
春セメスター 5月31日
秋セメスター 11月30日

※延納制度はありませんのでご注意下さい。

学費納付通知の送付予定時期

回生 春セメスター 秋セメスター
授業料A 授業料B 授業料A 授業料B
第1セメスター(新入生) 入学時に納付済み
(春セメスター入学の方)
入学時に納付済み
(秋セメスター入学の方)
第2~第8セメスター 4月中旬 10月上旬
第9セメスター以上 4月中旬 4月中旬 10月上旬 10月上旬

※上記送付時期は予定となります。
※新入生の方は、入学時に第1セメスター(半年分)の授業料を納付済みですので、入学後は次の第2セメスターからの納付となります。

納付方法

学費の納付方法には、下記の方法があります。

1.ゆうちょ銀行口座を利用した自動払込

口座引落の通知を元に、期日の前日までに学費額を口座入金しておく。 銀行窓口で振込む場合には、一般的に数百円程度の手数料がかかります(三井住友銀行の支店間は無料)。自動払込の場合のゆうちょ銀行手数料は10円で、銀行へ行く必要もありません。

自動払込を利用するには、事前に最寄りのゆうちょ銀行窓口で手続きが必要です。

<手続の流れ>
手続申請者
(引落口座の名義人様)
ゆうちょ銀行 大学
最寄りのゆうちょ銀行窓口で自動払込利用申込書を提出(銀行届出印が必要です) 口座引落設定などの事務処理(約1カ月~1.5カ月)を行った後、大学へ設定完了の通知 完了通知を受領後に、大学側で引落情報の登録を実施

※引落日はゆうちょ銀行との登録上、春5月20日、秋11月20日前後を予定しております(暦などにより前後あり)。具体的な日程は、別途郵送のご案内でご確認いただけます。
※通帳残高不足で引落ができなかった場合には、約1週間後に再引落されます。再引落でも支払不能の場合は、銀行窓口での支払となります。なお、最終納付期日(春5月31日、秋11月30日)に引落しはされませんのでご注意下さい。

2.納付書を使用した国内振込

お振込人特定のためにAPUより毎セメスター発送される納付書を金融機関へ持参し、お振込をお願いします。やむを得ずATMまたはインターネットバンキングをご利用の場合は、納付書下段に記載している「整理番号」(12桁の英数字)を入力ください。
※ただし、ゆうちょ銀行ではこの納付書を使用できません。ゆうちょ銀行からお振込をされる際はゆうちょ銀行所定の振込用紙をご利用下さい。
※ゆうちょ銀行での自動払込を登録されている場合(引落通知書が発送されます)などで、お手元に納付書がない方がお振込される際は学籍番号8桁の数字を入力ください。整理番号または学籍番号の記載がないお振込や学生氏名以外(父母氏名等)でのお振込の場合は、ご本人特定が出来ない恐れがございますのでご留意ください。


<参考-納付書記載の振込先口座>

※:学費納付期日の2週間前になっても納付書が届かない場合は、宛先不明等により納付書が大学へ返送されている可能性があります。学籍番号および氏名を明記の上、adgaku@apu.ac.jpへお問い合わせください。尚、送付先となる住所・電話番号に変更が生じたときは、学生本人がCampusmate Webで変更をする必要があります。住所変更の手続きをしていない場合は、旧住所宛に学費請求書が発送されますので郵便局で「転居届」のハガキを出し、郵便物が転送(1年間)されるようにしてください。

3.海外からのお振込(大学提携のウエスタンユニオン(WU)社を通じた納付)/ 領収書の発行

(1)本サービスは、納付者が日本国外在住の場合に限ります(原則、入学後2セメスター以上の国際学生向け)。
2セメスター以上の国際学生の方へは母国にいる場合でも受け取れるように、学費通知時期に合わせて、学生各人のAPUメールアドレス宛にご案内をメール通知いたします。

メール案内文の手順に沿って手続きを完了してください。(※国内学生の方で、国内振込ではなく本サービスを通じて海外から納付を希望する方は、事前に余裕を持ってadgaku@apu.ac.jpへご相談ください)。

本サービスを利用せずに大学銀行口座へ直接海外送金した場合は、中継銀行手数料などが生じるケースがあり、学費金額が不足する危険がございます。不足時には納付期日までに再度の送金が必要となり、一部でも未納ですと除籍となり、当該セメスターの単位も認定されません。よって、海外からのお振込には本サービスをご利用ください。

(2)入学後2セメスター以上の国際学生に関し、上記の案内をメールで受け取り学費納付済の方は、オンラインで納付済セメスター分の領収書を発行することができます。学費納付後に、学費支払いの案内メール本文にあるリンク先から発行してください。納付手続後、APUが入金確認を行い発行するまで約1週間程度要する場合があります。また、オンラインでの発行可能期間は2020年度の納付分以降となります。 正式な学費支払証明書(1通200円)が必要な場合は、証明書発行の申請手続きを「サーベイ」で行ってください。

※:ゆうちょ銀行での自動払込を登録済の方で、本サービスから納付する場合は、ゆうちょ銀行での自動払込を停止するために口座引落前の着金確認が必要となります(セメスター毎)。具体的な日程等は本サービスのメール通知に記載しますので、二重納付を避けるために該当の方はご注意ください。

以下のリンク先資料でも詳細を確認できます。
【JP】https://www.apu.ac.jp/home/life/Education_Infosheet_APU_J.pdf

PAGETOP