立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

在福岡カンボジア王国名誉領事館主催の短期留学制度にAPU学生2名が合格

学生生活

2009/7/14

在福岡カンボジア王国名誉領事館と西日本新聞社が共催し公募していた短期留学制度「半田スカラシップ〜カンボジア・夏休み遊学生〜」プロジェクトの第1期生にAPUから岡本 歩さん(APS3、日本)と佐々野 桜さん(APS3、日本)の2名が合格しました。
この短期留学プロジェクトは、2008年9月の在福岡カンボジア王国名誉領事館開設を機に、九州・沖縄地域で学ぶ大学生にカンボジアを深く体験できる高度な短期留学のチャンスを提供することで、カンボジアの実状に触れ九州とカンボジア、日本とアジアをつなぐ「若き架け橋」となってもらうことを目的としています。

合格者はAPUを含む佐賀大学、福岡大学、沖縄国際大学の計5名の学生で、今後それぞれが立案した渡航計画に沿ってカンボジアを訪問します。カンボジアでの実体験は報告書としてまとめられる他、様々なかたちでフィードバックされる予定です。

※“半田スカラシップ”の由来である半田晴久名誉領事は、約20年に渡りカンボジアで大学や病院の創設、孤児院運営など、教育、医療、福祉分野の支援を続けています。カンボジア王国政府首相顧問も務め、現在もカンボジアの発展のために貢献しています。

「半田スカラシップ〜カンボジア・夏休み遊学生〜」プロジェクトの詳細はこちら
http://www.fukuoka-cambodia.jp/information/post-100.php



  • LINEで送る

PAGETOP