立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU学生がベトナム文化を体験−2009年夏ベトナムホームステイ

学生生活

2009/9/3

2009年8月7日(金)〜17日(月)、APU学生サークル「Explore Vietnam」が主催したベトナムホームステイプログラム「Home-stay Vietnam Summer 2009 “The road to Heritage”」に13名のAPU学生が参加しました。


旅行中、3名のAPU学生と10名の現地の大学生がツアーを先導し、ダナン市や古代都市フェー、ホイアン市の19世紀にベトナムを支配したチャンパ王国の宗教的、政治的拠点である塔寺郡遺跡「ミーソン聖域」などの世界遺産を訪れました。

歴史的、文化的に重要な観光名所に加え、ダナン市の南に位置する、一度で一年の季節の移り変わりを体験できる山として有名なNgu Hanh Son(五行山)でベトナムの四季を経験したり、地元のホストファミリーのもてなしを受けたりし、ベトナムの日常生活を体験しました。



ツアーを振り返って今回のホームステイプログラムのリーダー、PHAN Doan Kim Khanhさん (APM4、 ベトナム)は「このホームステイプログラムを通して参加者のみなさんをベトナムへ招待することができとてもうれしく思うと同時に、ベトナムの文化を共有してくれた彼らに感謝の気持ちでいっぱいです。プログラムの主な目的はベトナム文化を体験してもらうことだけでなく、異なる地域の人との交流の中で自分自身を再発見してもらうことです。また来年もこのプログラムを成功させ、今後もたくさんの方をベトナムに招待したいと思います」とツアーの感想と今後の活動への抱負を話しました。

また、ツアーに参加した学生の中村 圭一 さん(APS3、日本)は「このツアーに参加し、世界遺産を巡ったり、ベトナムの文化を体験したりすることができ、素晴らしい経験をすることができました。またベトナムの方の穏やかな国民性と親切で暖かい人柄がとても印象的でした」とベトナムでの体験について話しました。

2007年2月に4名のベトナム出身学生によって設立された学生サークル「Explore Vietnam」は、現在、50名の学生が登録しています。ベトナムやその他の多様な国・地域出身の学生がベトナムの人や自然、歴史や食文化について理解を深め、それぞれの文化について話し、アイデアを出し合い、交流することを目的に、短期・長期のホームステイプログラムの提供やベトナム情報紙「Tag VN」の発行、国際交流イベントの実施、ベトナム語を学ぶ学生への学習補助などの活動を中心に行っています。

Explore Vietnamのホームページはこちらhttp://homestayvn.org/en/



  • LINEで送る

PAGETOP