立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

DAYS JAPAN 報道写真展×APU学生写真展

学生生活

2010/1/6

2009年12月17日(木)〜19日(土)、学生イベント団体“DAYS JAPAN報道写真展実行委員会”主催による「World×Action〜DAYS JAPAN 報道写真展×APU学生写真展〜」をAPUコンベンションホールで開催しました。


昨年に続き2度目の開催となった写真展は、フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」が毎年開催している「DAYS国際フォトジャーナリズム賞」を受賞した、世界の最前線で活動するフォトジャーナリストの、魂を揺さぶる作品、約20 点の展示に加え、国際協力をテーマに、“PRENGO”や“Xiao”、“ハビタットAPU”といったAPU学生ボランティアサークルの現地での活動の様子を残した写真や、APU学生が旅先で撮影した写真など、約100点を展示しました。

会場には多くの学生、教職員に混じって、一般市民の方々も多数来場しました。世界的にも著名なフォトジャーナリスト達が命をかけて国際社会へのメッセージを込めて撮影した写真や国際社会の問題を学生の視点から捉えた写真に、来場者は真剣な眼差しをむけていました。

DAYS JAPAN 代表の鬼塚亮輔さん(APS2、日本)は「写真を通して多くのことを学ぶことは、学生にとって貴重なことであり、また必要なことだと思います。写真展の開催機会の少ないAPUで‘DAYSJAPAN報道写真展’、そして初の試みである‘APU学生写真展’を開催出来たことに、非常に満足しています。このような機会をこれからも出来る限り作って行きたいと思っています」とイベントを振り返って話しました。



  • LINEで送る

PAGETOP