立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUラグビー部が初の関西遠征−RUラグビー部と合同練習

学生生活

2010/6/11

2010年5月22日(土)、立命館びわこ・くさつキャンパス(BKC)のグリーンフィールドで、APUラグビー部と立命館大学ラグビー部が合同練習を行いました。これはAPUラグビー部にとって創部以来、初めての関西遠征となりました。


今回の合同練習は、技術レベルの向上と組織力を高めることを目的としており、APUラグビー部の技術指導を担当する外部指導者 酒井 崇氏やラグビー部OBの本田 耕介さん(2008年卒業、APM)も同行いただきました。練習試合では、ASHWOOD James Scottさん(APS特別聴講生、オーストラリア)やMOSOSI Lawrence B.さん(APS3、ケニア)など国際学生や、日浦貴文さん(APS3、日本)や三浪啓嗣さん(APM2、二日本)など国内学生の混成チームが格上のチームを相手に奮闘しました。

試合後、立命館大学ラクビー部の吉田 義信監督は「APUの学生に、ラグビーで最も必要な前向きな姿勢を強く感じました。強くなれる要素を十分もった魅力的なチームで、これからも交流を重ねていきたい」とAPUラグビー部を評価しました。APUラグビー部代表の小野 亮太さん(APM3、日本)は「初めて立命館大学ラグビー部の学生と練習試合をすることで、技術力の向上だけでなく、チームの一体感がさらに高まりました。今回の交流を生かしてさらに活躍していきたいです」と今後の抱負を述べました。

またAPUラグビー部員は、翌23日(日)に京都市西京極陸上競技場で行われた京都ラグビー祭 立命館大学対中央大学の試合を観戦し、大雨の中で積極的にボールを動かす両チームに熱い声援を送りました。

2002年に創部したAPUラグビー部は、2007年に、全国大学ラグビーで活躍した酒井氏を顧問に迎えてから着実に実績を上げています。今回の合同練習で気持ちを新たにしたAPUラグビー部の今後の活躍が大いに期待されます。




  • LINEで送る

PAGETOP