立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

BEACH HOUSE PROJECT 2010

学生生活|イベント

2010/11/2

2010年10月16日(土)、17日(日)、別府市的ケ浜公園スパビーチでAPU学生サークルBEACH HOUSE PROJECTが、スポーツや音楽を通して別府市の地域活性化や学生と市民との地域交流を目指すチャリティーイベント「BEACH HOUSE PROJECT 2010」を開催しました。


今年で5年目を迎えるBEACH HOUSE PROJECTは、今年も各日のイベント内容をスポーツデーとミュージックデーの2つに分け、幅広い皆さんに楽しんでいただけるイベントを提供しました。

16日のスポーツデーでは、ドッジボールやバスケットボール、サッカー、ビーチフラッグといった各競技を行い、小学生から大人まで幅広い参加者が、秋晴れの中、汗を流しました。

小学生を対象としたドッジボール競技には地域の小学生が多数参加し、試合終了後も、1円玉すくいや出店などAPU学生との交流を楽しむ姿が見られました。チラシをみてこのイベントを知ったという別府市内の小学生からは、“また来年も参加したい”という声も寄せられました。またその他の競技でも、中学生が大学生と対戦し奮闘する姿に来場者から大きな応援の声が響くなど、年齢を超え一緒にイベントを楽しみました。

17日のミュージックデーでは、九州を拠点に活動しているNAOや「Spontania」のMASSATTACK、上松秀実らが、別府に歌声を響かせました。また浜脇子ども太鼓やAPUのダンスサークル“SSS”もパフォーマンスを披露し、イベントを盛り上げました。

BEACH HOUSE PROJECT代表の古瀬 将康さん(APS、日本)は、「半年以上前から、夏休み返上で準備をしてきました。苦労もありましたが、無事にイベントを成功させることが出来ました。また来年も参加し、更にパワーアップした内容で別府を盛り上げたいです」と抱負を話しました。

取材:安食 夏美(APM2,日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>






  • LINEで送る

PAGETOP