立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

現役外務省職員がAPUで特別講義-国際機関キャリアセミナー

講演・シンポジウム|来学者

2011/6/2

2011年5月18日(水)、国際機関への就職を希望する学生を対象に、外務省北米局北米第一課外務事務官の中野 恵子氏を講師に迎え、国際機関キャリアセミナーを開催しました。

中野氏は「外務省の仕事」と題して、外務省や在外公館での仕事について、ご自身の経験や外務省職員を目指した経緯を交えながら紹介されました。東日本大震災直後には、カナダ政府から支援物資として毛布25,000枚を頂いたことに触れ、情報が錯綜して交通網もままならない中、カナダの皆さんが日本を想う気持ちを無にしないためにも懸命に毛布を届ける手筈をとられたエピソードを紹介されました。

英語、日本語の2回に分けて開講したセミナーには、合計約70名の国際学生、国内学生が参加し、真剣な眼差しで中野氏の話に耳を傾けました。聴講した学生からは「外務省の仕事について理解を深めることができました。自分も中野氏のようにやりがいのある仕事をみつけたいと強く思いました」や「同じ女性として中野氏の活躍は励みになりました」といった感想が寄せられました。

APUでは国際機関への理解を深め進路の一つとして考える機会を提供するために、JICAや国連、外務省の職員などを招いた国際機関キャリアセミナーを開催しています。
2011年度は、これまでに元国連職員で卒業生のFLORES Morse氏や株式会社国際開発ジャーナル社 取締役 大学関連事業部部長 皆元 聡氏を迎えて講義やワークショップを開催しました。今後はアジア開発銀行や国際協力NGOセンターなどから講師を迎え、順次、開催を予定しています。



  • LINEで送る

PAGETOP