立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

観光産業についてのシンポジウムでAPU生8名が受賞

講演・シンポジウム|受賞|イベント

2021/2/5

1月23日、観光産業についてのシンポジウムでAPU生8名が賞を受賞しました。
このシンポジウムは、観光産業について研究する学生が学術交流することを目的に、2018年から開催されているAY2020 Joint Student Symposium on Tourism, Hospitality and Leisure Researchで、すべて英語で行われました。2018年度と2019年度はAPUのキャンパスで開催されましたが、今年度はオンラインで開催し、過去最多の参加者を集めました。2020年度はAPUを含む6大学(APU、和歌山大学、関西外国語大学、山口大学、琉球大学、神奈川大学 *神奈川大学からは主催者として教員1名が参加)から合計100名以上の教員、大学院生、学部生が参加し、41件の観光産業についての研究発表が行われ、シンポジウムの共同代表には齊藤広晃 国際経営学部准教授、組織委員会にはJONES Thomas Eアジア太平洋学部准教授とBUI Thanh Huong アジア太平洋学部准教授が携わりました。

学部生の部で優秀な研究発表をした学部生に送られる賞(Undergraduate Student Presentation Award)には学部生3名が受賞し、大学院生の部でも3名が賞(Postgraduate Student Presentation Award)を受賞しました。
また革新的な研究発表をした学部または院生に贈られる賞(Innovative Research Award)を2名の学生が受賞しました。

Innovative Research Awardを受賞したADITAMA Rizky Muhammadさん(国際経営学部4回生、インドネシア)は”Consumer Perspectives on Virtual Reality Tourism“と題し、VR空間における観光業での顧客行動に影響する要因を考察しました。同じくInnovative Research Awardを受賞したQIU Zhuolinさん(アジア太平洋学部3回生、中国)は、大分県佐伯市の「はざこネイチャーセンター」における環境教育のアプローチや、教育が観光客に与える影響などについて研究、口頭発表をしました。

以下はシンポジウムで受賞したAPU生の一覧です。

Undergraduate Student Presentation Award
Arundhati Anggita (College of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Improving the Quality of Ecotourism Destination Through the Implementation of Green Human Resource Management

Yohei Harima (College of International Management, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Decision-Making in Ryokans to Adapt with Risks From COVID-19

Bui Ngoc Han (College of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Visitors’ Perceptions of Tour Guides’ Performance: A Case Study in Tram Chim National Park, Vietnam

Postgraduate Student Award
Tatyana Almira (Graduate School of Management, Ritsumeikan Asia Pacific University)
The Influence of Organizational Changes, Employee Wellbeing, and Leadership Ryokan Should Adopt for Survival in a Global Crisis

Awadallah S. S. Alyamany (Graduate School of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Homeland Connection: Diaspora Tourism in Palestine

Antonio da Silva (Graduate School of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Collaborative Management Towards Sustainable Tourism Development in Timor-Leste: A Study of Stakeholders’ Perception

Innovative Research Award
Muhammad Rizky Aditama (College of International Management, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Consumer Perspectives on Virtual Reality Tourism

Qiu Zhuolin (College of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University)
Sea Turtle Conservation Tourism and Environmental Education: A Case Study of Hazako Nature Center



  • LINEで送る

PAGETOP