立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

無料アプリで日本語学習「TOBIRA サバイバル編」完結版配信開始

2021/6/15

APUの言語教育センター(CLE)教員が監修する日本語学習携帯アプリ「TOBIRA サバイバル編」の完結版の配信を2021年5月28日より開始しました。このアプリには、初めて日本語を学ぶ方を対象に、日本語のひらがなやカタカナ、基本的な表現や語彙といった基礎的内容を収録しています。APU生以外でもどなたでも無料でご利用いただけます。

本アプリで学べること

  • 2つの日本語の文字表記(ひらがなとカタカナ)の書き方、読み方、発音の仕方
  • 日本語の1から100万の数字の表現
  • 時間の表現
  • 金額の数え方
  • 一週間の曜日と一年間の月の表現
  • 簡単な挨拶や表現
  • お店や郵便局、学校などの日常生活の場面で使える表現

本アプリの特徴

  • すぐに使える実践的な表現を収録
  • シンプルで使いやすいUI(ユーザーインターフェース)
  • 読み書きと聞き取り練習どちらも収録
  • どなたでも無料でご利用可能

使用者の声

「時間やお金に関する表現の学習や、よく間違えてしまうカタカナの暗記にアプリが役に立ちました。」―バングラデシュ出身の学生

「練習を通じてたくさんの日本語の文字を覚えることができました。」―インド出身の学生

「月の日付の言い方を覚えたり、時間の分の言い方で誤解していた点について理解を改めたり(分をそれぞれの数によって『ぷん』や『ふん』で読むこと)することに、TOBIRAはとても役に立ちました。」 ―タイ出身の学生

アプリ開発の経緯

TOBIRAは、APUの言語教育センター(CLE)教員が監修し開発され、APU初の公式アプリとして2020年7月より配信しています。
APUでは英語基準で入学した学生のために、オリジナルの日本語学習テキスト(「日本語5つのとびら」凡人社)を作成して、多文化環境における日本語教育に力を入れています。これまで入学予定者に配布していた教科書『日本語5つのとびら サバイバル編』(立命館アジア太平洋大学編著)のアプリバージョンとして「TOBIRA」を開発し、APUでは2020年9月入学の国際学生より入学前学習としてこのアプリの利用を推奨しています。

日本語を学び始めたばかりの方、または日本語の基礎を復習したい方は、今日からぜひTOBIRAアプリを使ってみてください!

このアプリはiPhone / iPod touch、Androidスマートフォンなどに対応しており、どなたでも無料で利用できます。



  • LINEで送る

PAGETOP