立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

観光産業についてのシンポジウムでAPU生9名が受賞

講演・シンポジウム|受賞|イベント

2022/3/2

1月22日(土)観光産業について研究する学生同士の学術交流を目的に、2018年よりAPUと和歌山大学が共同で開催しているシンポジウム”Academic Year 2021 Joint Student Symposium on Tourism, Hospitality and Leisure Research”が、昨年に引き続き実施され、APUの学生9名が4つの賞を受賞しました。第4回目の今回は、昨年同様オンラインで実施し、過去最多の学生・教員が参加しました。

神奈川大学からオーガナイザー、北星学園大学からオブザーバーを迎え、全9大学から合計100名以上の教員、大学院生、学部生が参加し、APUを含む7大学(和歌山大学、関西外国語大学、山口大学、琉球大学、玉川大学、一橋大学)の学生による41件の研究発表が行われました。
シンポジウムの共同代表には齊藤広晃 国際経営学部准教授、組織委員会にはJONES Thomas Eアジア太平洋学部教授とBUI Thanh Huong アジア太平洋学部教授が携わりました。

APUの学生は、グループ・プレゼンテーション賞、学部生プレゼンテーション賞、クリエイティブ・プレゼンテーション賞2つと、合計4つの賞に輝き、優秀な成績を収めました。

シンポジウムの共同代表を務めた齊藤准教授は、「学生たちの発表内容のクオリティが、年々すごいスピードで上がっています。ゼミ生にとってマイルストーンとなる本イベントを通して、リサーチスキル、プレゼンスキルがさらに向上していくことを願っています」とシンポジウムでの学生の成果を振り返りました。

以下はシンポジウムで受賞したAPU生の一覧です。

グループ・プレゼンテーション賞

Post COVID-19 Job Outlook for Migrant Workers in Japan: A Micro Analysis
Trong Khoi Luuさん(アジア太平洋学部3回生、ベトナム)、Md Mahmuduzzamanさん(国際経営学部3回生、バングラデシュ)、The Quang Phamさん(アジア太平洋学部3回生、ベトナム)、Nhat Mai Nguyenさん(アジア太平洋学部3回生、ベトナム)、Xuan Truc Lamさん(アジア太平洋学部3回生、ベトナム)、金丸萌香さん(アジア太平洋学部3回生、日本)

学部生プレゼンテーション賞

How COVID-19 Pandemic Affected Hotel Employees’ Satisfaction: Employee Perception on the Organization’s COVID-19 Responses Affecting Motivation and Job Performance
Aurelia Larissa(国際経営学部4回生、インドネシア)

クリエイティブ・プレゼンテーション賞

Strategic Responses of the Hotel Sector to COVID-19: Comparison Between International Hotel Chains and Local/Small Hotels in Japan
Van Ha Leさん(国際経営学部4回生、ベトナム)
The Relationship Between Managerial Control and Occupational Stress as Traditional Workspaces Transition Into Telework
Natashia Tabattanonさん(国際経営学部4回生、タイ王国)



  • LINEで送る

PAGETOP