立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APハウス寮祭開催

2008/7/8

2008年6月14日(土)、APUの学生寮「APハウス」で、寮生およびAPU学生、教職員を対象とした「APハウス寮祭」を開催しました。


APハウス寮祭は、2007年から始まり、今回で2回目です。APハウスでは約60カ国・地域、1130人の学生が共同生活しており、寮祭では、フロアごとにグループに分かれ、出しものを企画します。来寮者に楽しんでもらうと同時に、寮フロアの一体感を高め、寮全体の協力体制を構築する目的があります。

この日は、APハウス1階ロビーをメーンステージに民族ダンスの披露やファッションショーを行いました。寮敷地内の中庭には、模擬店が特設され、日本人学生、留学生が、出身地や母国の料理を振舞い、多国籍な環境を活かした国際色豊かなイベントとになりました。

APハウスは、APUの敷地内に2棟あり、国内、国際学生が共同生活しています。学生にとっては、寝食の場となるだけでなく、異なる文化背景を持つもの同士が共同生活することで、異文化を学び、理解を深める場になっております。寮生たちはここでの生活も通じて、国際環境で活躍できる人材へと育成されています。毎年春、秋には新寮生の「ウェルカムパーティ」を開催、ほかに地元住民の方との交流会や休日を利用した県外へのバス旅行など、さまざまな催しが企画されています。

寮祭の写真はこちら




  • LINEで送る

PAGETOP