立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

陰山英男先生「国際教育・交流フォーラム」福岡で開催

2008/7/8

6月29日(日)、APUと西日本新聞社の主催で、立命館大学教育開発機構 陰山英男教授の「国際教育・交流フォーラム」を福岡市天神のエルガーラホールで開催しました。


当日は、「国際標準に挑戦する日本の教育」をテーマに、陰山先生の講演とAPU学生と陰山先生の公開座談会という2部構成で行いました。

まず講演で陰山先生は、昨今問題視されている学力低下について、日本の教育政策の変遷をたどりながら、これからは国際標準で戦略を立てるべきであるという視点と、先生が提唱する「早寝・早起き・朝ごはん」の実効性について述べられました。

また後半は同じテーマでAPU学生のブッディさん(インド出身)、ハサンさん(バングラディシュ出身)、ヤレックさん(チェコ出身)、プティさん(インドネシア出身)、伊藤裕美さん(長崎県出身)と陰山先生との公開座談会を行いました。
自分自身の将来像とそのためにどこで何を学ぶべきかという明確な意思を持って、国際的な土壌で大学を選び、APUで現在学んでいる彼らの目を通して、日本の大学生・教育システムがどう移るのかについて意見交換した他、こうした多様な価値観を持った学生たちが考える「国際標準の教育とは何か」を、活発に議論しました。

このフォーラムの模様は、7月中旬の西日本新聞に掲載されます。




  • LINEで送る

PAGETOP