立命館アジア太平洋大学

CLOSE

学長ノート

新入生へのメッセージ(2021年秋入学式)

2021/9/24

入学式祝辞

APUへのご入学、おめでとうございます。APUを代表して皆さんのご入学を心から歓迎いたします。また、ご家族の皆様にも心よりお祝いを申し上げます。この秋、508名の新入生を迎えて、現在、国際学生2,563名、国内学生2,992名、計5,555名の学生がAPUに在籍しています。国際学生は90にのぼる国や地域の出身者がいます。これほど多くの国・地域から集まった国際学生が学んでいる日本の大学は、APUしかありません。国内学生も全ての都道府県から集まっています。皆さんはこれからAPU学生として、世界から集まった学生と共に学ぶだけでなく、サークルやAPハウスでの生活、世界中で活躍する先輩方との交流など、学生生活のすべてを通じて異なる文化や価値観と出会い、知識を深め、人格を磨き、生涯続く友情を育む経験をするでしょう。このことをAPUでは「グローバル・ラーニング・コミュニティ」と呼んでいます。

APUの最大の魅力は、世界中から集まった学生がキャンパスで共に学び、交流しながら、友達作りができることです。入国制限のため、まだ日本に入国することができない国際学生の皆さん、私たちは1日も早く皆さんをAPUのキャンパスに迎え、全ての学生にAPUらしいキャンパスライフを満喫してもらいたいと願っています。当面は、日本国内におけるコロナウイルスの感染状況の改善を待って対面授業を増やす方針ですが、世界各地にいる皆さんが授業に参加できるよう、原則として全ての授業をオンラインでも受講できるhybrid、あるいはHyFlex形式で続けます。日本国政府が留学生の入国制限の緩和を決定したら、APUは皆さんの入国を支援するさまざまな手段を直ちに発動できるよう準備しています。それまで、もう少し待ってください。

APUはこれから大きく変わります。現在、2023年に向けて3つめの学部を作る準備をしています。これにあわせて協働学習(Collaborative Learning)に対応した新しい教室棟や寮も作ります。国内・国外のさまざまな場所で体験学習ができる機会を増やします。国内・国外の大学と連携して、共同の授業を開発します。国際的な大学としての先進的な取り組みをさらに強化します。皆さんが卒業したあとに誇りに思ってもらえるような大学作りを進めます。

大学の主役は学生の皆さんです。皆さんが学び、成長することが大学としての機能の最も大事なことです。APUという環境――授業、先生たち、教室や図書館などの設備――を思う存分活用して、新しい自分を発見してください。どんどん新しいことに挑戦して、今日の皆さんが想像できないような「世界を変える人」になってください。皆さんのAPU生としての成長は、今日始まるのです。

最後に、病気療養中のため本日入学式に出席できなかった出口学長が、いつも新入生にお話ししていることを紹介します。出口学長は「たくさんの人に会い、たくさん本を読み、いろいろなところへ出かけていって、ぜひ、学ぶ楽しさを身につけてください。大学は何といっても勉強するところなのですから。」と言っています。本については、出口学長による、皆さんに読んでほしい本のリストをお渡しします。

改めて皆さんのご入学を心から歓迎し、私からの祝辞といたします。

2021年9月24日
立命館アジア太平洋大学
副学長・学長代行  米山 裕



  • LINEで送る

PAGETOP