立命館アジア太平洋大学

CLOSE

新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ(2022年7月26日更新)

キャンパス入構・学内施設の利用

基本方針 感染防⽌策を講じた上で、⼊構可とします。必要に応じて、施設ごとの利⽤者数の調整を⾏います。

新型コロナウイルス感染症に関わるBCP の変更とAPU の対応について(4月18日以降)(2022年4月14日更新)

新型コロナウイルス感染症に関わるBCP の変更とAPU の対応について(1月26日以降)(2022年1月25日更新)

日常生活における感染予防・健康に関する相談先

もし、感染したら?感染の疑いがあれば?

  • 病状確認シートを提出してから、APUヘルスクリニックへメールで相談してください。外出は控えてください。​
    APUヘルスクリニック(月~金曜日 10:00~17:00)booking@apu.ac.jp
  • 土日・祝日・夜間の場合は、大分県受診相談センターへ電話で相談してください。(097-506-2755/日英可)​

APUにおけるマスク着用ルールの運用について(2022年7月5日更新)

新型コロナウイルス感染急拡大の状況を踏まえた感染対策の徹底について(2022年1月20日更新)

正しく恐れて教育研究・学生生活を充実させよう―新型コロナウイルス感染症(2021年6月23日更新)

以下は、伊坂 忠夫 立命館大学副学長と伊東 宏 立命館保健センター所長との対談を通じて、新型コロナウイルス感染症について理解を深めることができる動画です。 教育研究活動・学生生活を充実させるためにも新型コロナウイルス感染症を正しく理解し、感染拡大防止策を徹底しましょう。

※この動画は立命館大学向けに作成されたものです。動画の中で紹介している感染者数、体調が悪くなった際の相談先、PCR検査については立命館大学の情報であり、APUのものではありませんのでご注意ください。

APUの「新しい日常」―新型コロナウイルス感染予防のためにー(2021年4月26日更新)

新型コロナウイルス感染防止に最大限留意し、大学での教育・研究・学生生活を豊かに送りましょう。誰にでも感染するリスクはあります。しかし、感染を防ぐ行動をとることで、あなたが感染するリスク、他人に感染させるリスクを下げ、感染を広げることを防ぐことができます。安心して学習・研究し、楽しいキャンパスライフを送るために学生・教職員の一人一人の意識と行動を、変えていきましょう。本冊子に書かれていることをよく読み、あなた自身を、友人を、大学生活を守りましょう。

冊子はこちら

授業関連

学生の皆さんへお願い:安心・安全なキャンパス生活を送るために(2022年5月12日更新)

授業欠席について

授業欠席についてはアカデミックオフィスウェブサイトをご覧下さい。

2022年度秋セメスターのキャンパスでの授業実施について(2022年7月26日更新)

授業方針についてはアカデミックオフィスウェブサイトをご覧下さい。

学籍関連

2022 年度春セメスター休学申請期限の申請期間延⻑について(2022年2月4日更新)

新規にビザ取得を必要とする日本未入国の在学生を対象として、2022年度春セメスターの休学申請期限(2022年2月15日)を延長し、2022年3月15日を期限とします。詳しくはスチューデントオフィスウェブサイトをご覧ください。

在学生の出入国、入寮手続

APハウス1・2寮内の新型コロナウィルス感染予防対策について(2022年3月10日更新)

この情報は、2022年3月に入寮予定の新寮生向けの情報です。APハウスでは、寮生の皆さんの安全と安心の生活環境を提供するため様々な予防対策を行っています。大勢の学生が生活をする寮では、皆さんの一人ひとりの協力と理解がとても大切です。そのため、新寮生の皆さんは、入寮前に必ずこの動画を確認するようにお願いします。

留学生の新規入国および「在留資格認定証明書(COE)」の再取得による入国にかかわる日本国政府方針について(2021年11月8日更新)

11月5日に日本国政府が、11月8日より私費留学生の日本への新規入国を段階的に認めることを発表しました。私費留学生が行う条件、また受入れ大学の責任者が、留学生の行動管理や体調管理をおこなうなどの条件を細かく定め、かつ新型コロナウイルスの感染状況なども踏まえつつ、人数を制限して入国が許可されることになります。
留学生が行う条件は、細かな点も多く、あわせて日本国政府から、各大学に対して、追加で2点の条件が定められました。

追加条件1.留学生の在籍管理に関して「適正校」であることの通知を受けていること
APUは「適正校」の通知を受けていますから、問題はありません。

追加条件2.留学生を受け入れる順
今後受け入れる外国人の在留資格の中でも、留学生の割合はかなり大きく、入国に際しては、留学生に交付された「在留資格認定証明書(COE)」の作成日が古い順番(より長い期間日本への入国を待っている留学生)から、毎月対象を決めて、段階的に受け入れる方針となりました。また受入れ大学は、対象者の入国情報を取りまとめることが必要となります。
2021年11月の対象→COE作成日が2020年1月1日~2020年3月31日の学生
2021年12月の対象→COE作成日が2020年1月1日~2020年9月30日の学生
2022年1月の対象→COE作成日が2020年1月1日~2021年3月31日の学生
*2022年2月の申請対象については、それまでの実施状況を踏まえて決定。
*COE作成日が対象期間に含まれていない場合は、その期間には申請できません。

APUの対応方針
APUはまず2021年11月の対象の国際学生の皆さん(COE作成日が2020年1月1日~2020年3月31日)から順に、今後の手続きなど、個別にキャンパスターミナル(あなた宛ての伝言)で連絡を取り、入国サポートを進めていきます。
APUは、1日でも早く、1名でも多くの国際学生の皆さんが入国できることを心から願い、政府にも要望をしてきました。しかし今回、政府は、一度に入国者数を増やすのではなく、受け入れ人数の制限を設け、段階的に入国を許可する方針を示しました。今後、順に受け入れが可能になることは、一歩前進とはいえますが、引き続き入国を待たなければならない国際学生の皆さん、キャンパスで国際学生との再会を待ち望んでいる学生や教職員の皆さんの気持ちを考えると、大変、胸が痛みます。今後の動向をみながら、日本への受け入れ人数制限のさらなる緩和など、要望を出していきたいと思っています。
また新たな情報が入れば、すみやかに情報提供を進めていきます。

2021年11月8日
立命館アジア太平洋大学
副学長 山本修司

在留資格を有する国際学生の日本再入国について(2021年4月16日更新)

再入国許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した在留資格保持者で所定の手続を経た者は、出国日にかかわらず、2020年9月1日以降の再入国が認められています。

詳細はこちら
出入国在留管理庁:http://www.moj.go.jp/isa/content/930006078.pdf

再入国するにあたっては、以下の内容を確認し、あなた自身と周囲の方の安全・健康が守られるよう留意してください。
新しい習慣として、マスクの着用、毎日の検温、こまめな手指消毒を徹底してください。
APハウス寮生は、事前にAPハウスオフィスにメールで相談してください。

また、情報は日々、更新されますので、下記のホームページ等を確認してください。
<参考・関連HP>
外務省公式サイト
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
入国制限について(法務省公式サイト)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/0000000451.html
検疫強化について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

日本入国前チェック内容

  • 搭乗予定の航空会社の感染予防ガイドラインを確認
  • 出国前検査証明の取得
    国前72時間(注:検体採取から搭乗予定航空便の出発時刻までの時間)以内に実施した
    COVID-19に関する検査で「陰性」であることの検査証明。
    詳細は下記をご確認ください。
    http://www.moj.go.jp/isa/content/930006276.pdf
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html
  • 入国の次の日から起算して14日間待機する滞在場所の確保
    到着した空港からすぐに国内線を乗り継いだり、新幹線を利用したりし別府に戻ることはできません。到着する空港等から待機場所までの移動についても、電車・バス・タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用することはできませんので、必ず、空港周辺の宿泊施設等を出国前に確保してください。

日本到着後チェック内容

別府到着後チェック内容

  • 別府到着後も友人とのパーティや飲み会は控え、2週間程度は「体温体調記録シート」を記入し健康観察を行うこと。
    体温体調記録チェックシートはこちら
アプリのインストール方法:

App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。

Google Play App Store
Google Play App Store
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

【2020年度入学、2021年度春入学 学部生・大学院生】 APハウス入寮についてのお知らせ(2021年4月15日更新)

APハウスでは、日本国内在住の学生もしくはみなし入国(再入国許可証)にて日本入国が可能な学生でAPハウスに入寮できていない学生みなさんのAPハウス入寮をお待ちしています。
APハウスへの入寮日、時間等が決まりましたら、下記ことがらをAPハウス・オフィスにお知らせください。
※必ず入寮予定日の14日前までにご連絡をお願いします。
※別府に来られるまでの14日間は友人との食事会や外出・外泊するなどの行動を控え、各自で健康管理に努めてください。

現在、日本入国が不可能な学生(新規入国学生)のみなさんには、入国制限が解除後、入国方法と合わせて入寮の案内をお知らせします。それまでオンライン授業を受講し、学修をすすめてください。

<連絡事項>
  • 入寮日
  • 入寮予定時間
  • 学籍番号
  • 氏名
  • 連絡先電話番号、Eメールアドレス
  • APハウスまでの交通手段
<APハウス入寮受付可能日・時間>

月~金曜日 10:00~17:30

<連絡先>

APハウス・オフィス Email: ssc_bo@apu.ac.jp

<入寮時必要書類>
  • 健康保険被保険者証やパスポート等の本人確認ができる書類
■入寮前健康管理のお願い

1) 入寮14日前より入寮日まで毎日2回(朝・夜)の健康管理を必ず行ってください。
下記のURLにアクセスし、毎日朝10時までに前夜・当日朝分を登録してください。
URL: https://survey2.apu.ac.jp/limesurvey/index.php/582756?lang=ja

2) 数日にわたり健康管理の入力が確認できない場合は、ご自宅や携帯などにAPUヘルスクリニックから連絡させていただく場合があります。

3) 入寮前2日間で、体調不良の症状(せき・息苦しさ・強いだるさ・のどの痛み・においや味覚を感じない、など)や発熱等がある場合は、近くの医療機関を受診、もしくはAPUヘルスクリニック(Email: booking@apu.ac.jp)に連絡してください。場合によってはAPハウスへの入寮日を延期していただく可能性もあります。

4) 入寮後も継続した健康管理をお願いします。入寮後の健康状況登録方法については入寮時にお知らせいたします。

<みなし再入国(再入国許可証)にて日本入国をされる方>

日本政府が求める防疫措置を必ず事前に確認、遵守してください。日本到着後15日間(日本到着の翌日から14日間)の待機期間の宿泊、その後のAPUまでの交通手段の確保や支払についてはご自身にてお手配をお願いします。
※待機期間中のAPハウス入寮はできません。

<その他>

新規日本入国についてのご案内はアドミッションズ・オフィス(国際)からのお知らせをご確認ください。
https://admissions.apu.ac.jp/enrollment_procedures/2021/spring?&lang=ja

帰国困難な留学生および元留学生に対する在留資格の取り扱いについて(2020年12月3日更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な外国人留学生(もしくは既卒の元・留学生)が、日本に在留し続けるため、資格外活動許可の範囲(週28時間以内)でアルバイトが認められる在留資格「特定活動(6か月)」への変更を許可する取扱いについて、2020年10月19日付で対象を拡大し、大学等の卒業時期や卒業の有無を問わないことになりました。これにより、既に卒業した学生や、除籍・退学となった学生も本制度の適用を受けることが可能です。
詳細については、出入国在留管理庁ホームページ「外国人の在留申請・生活支援 」をご覧ください。

なお、キャリア・オフィスでは卒業後も就職活動を続ける卒業生の皆さんの進路相談にも応じています。
就職活動については、キャリア・オフィスのホームページ をご覧ください。

政府による入国制限

日本政府は現在、一部地域からの日本への入国制限および検疫強化を実施しています。対象地域および詳細は下記のサイトをご覧ください。

新入生の入国、入学・入寮手続

2022年9月入学新入生向け APハウス入寮についてのお知らせ(2022年7月20日更新)

APハウス入寮予定期間

日本以外の国・地域にいる学生
9月5日(月)~9月15日(木)

日本国内にいる学生
9月13日(火)~9月15日(木)

2022年9月入学新入生向け入寮に関して詳しくは、スチューデント・オフィスホームページをご確認ください。

APハウス1・2寮内の新型コロナウィルス感染予防対策について(2022年3月10日更新)

この情報は、2022年3月に入寮予定の新寮生向けの情報です。APハウスでは、寮生の皆さんの安全と安心の生活環境を提供するため様々な予防対策を行っています。大勢の学生が生活をする寮では、皆さんの一人ひとりの協力と理解がとても大切です。そのため、新寮生の皆さんは、入寮前に必ずこの動画を確認するようにお願いします。

学費・経済支援

学費についてQ&A

スチューデント・オフィスのホームページ をご覧ください。

日本学生支援機構(JASSO)給付・貸与型奨学金について

日本学生支援機構(JASSO)給付・貸与型奨学金については、下記ホームページをご確認ください。

https://www.apu.ac.jp/studentsupport/page/content0276.html/

ワクチン接種

職域接種3回目について(2022年1月31日更新)

立命館アジア太平洋大学では、別府市をはじめとする地方自治体でのワクチン接種準備の状況を鑑み、職域接種の3回目実施を見送ることとしました。
3回目のワクチン接種を希望する場合は、お住いの自治体の案内を参考にしてください。

危機管理

新型コロナウイルス感染者への差別に反対する声明(2020年9月1日更新)

詳細はこちら

コロナウイルス感染者発生に関わる大分県・別府市のみなさまへのメッセージ(2020年8月10日更新)

詳細はこちら

新型コロナウィルス問題APU対策本部の設置について(2020年3月4日更新)

現在の新型コロナウィルスの世界的な感染拡大、WHOが危険度を最高レベルに引き上げたことや日本政府による全国小中高校の臨時休校の要請がなされたことなどを踏まえて、学校法人立命館は「法人危機対策本部」を3月2日に立ち上げました。
新型コロナウイルス感染症対策のための法人危機対策本部の設置について

立命館アジア太平洋大学(APU)ではそれを受けて、「APU対策本部」を3月2日に設置いたしました。出口治明学長が本部長となり、地域と連携しつつキャンパスへの感染を防ぎ、学生、教職員、また地域の皆様の健康を守るため適切な対応を迅速に行うことを目的としております。

PAGETOP