立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

Multicultural Campを実施

2008/7/14

2008年6月28日(土)と29日(日)の2日間、「Multicultural Camp(マルチカルチュラル・キャンプ/多文化交流キャンプ)」が別府市立少年自然の家「おじか」で開催されました。


80以上の国、地域から学生が集まるAPUでは、異なる文化をもつ学生の相互理解を深めるため、毎年、「Multicultural Camp」を開催しています。今回は、19か国・地域からの国際学生67人、日本人学生55人が参加し、1泊2日で料理、ゲーム、スポーツなどを通じて、交流の輪を広げました。

参加した工藤歩惟さん(APM2、日本)は、「今回が初めての参加です。1日目は屋外で、カレーを作ったり、ホタルを見に行ったりし、2日目は近隣の志高湖へハイキングに行き、自然に触れ合う機会も沢山ありました。2日間を通して積極的に行動することの大切さ、仲間と協力することの大切さを学ぶことができました」と感想を述べました。



  • LINEで送る

PAGETOP