立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

CROSS OVER SEA 2008開催

2008/7/22

2008年7月21日(月)から24日(木)の4日間、ミャンマーサイクロン災害および中国四川省大地震災害を支援するイベント「CROSS OVER SEA 2008」(APUイベント実行委員会CROSS OVER SEA主催)を開催します。APU構内にある噴水前での募金活動に加え、民族舞踊や楽器演奏などのパフォーマンスが行われます。期間中、APUカフェテリアでは特別に、ミャンマー料理が提供されます。


APUイベント実行委員会CROSS OVER SEAは、2004年12月に発生したスマトラ島沖地震をきっかけに発足しました。世界各地で勃発する文化間衝突や自然災害に対して、「国際問題に国境はない」という視点で、より多くの人々に広く、深い理解を持ち、行動してもらえるように呼びかけています。被災者支援のためのチャリティーイベント、募金活動を実施し、復興支援のために日本赤十字社などを通じて、義援金を届けています。活動の一つの目玉となるのが「バルーンリリース」(風船飛ばし)で、チャリティーイベント中に、参加それぞれが風船を持ち、被災地の災害復興へ思いを一つにして一斉に放ちます。風船は、バクテリアによって完全に分解される環境に配慮したものを用います。

今回もイベント最終日、24日(木)に、計1000個の風船を飛ばします。同日、APUミレニアムホールで行われるチャリティーイベントの鑑賞者に入場券として購入してもらうバッジ(300円)には、風船代金が含まれており、イベント終了後に一人にひとつ風船を手渡し、噴水前からバルーンを一斉に飛ばします。

みなさんの思いが集まることで、新しい力が生まれます。APU 学生、教職員に限らず、地域のみなさんもぜひ参加してください。



イベントスケジュールは以下のとおりです。

7月21日(月)〜24日(木)
ミャンマー料理の提供/カフェテリア
噴水募金(噴水前での募金活動)/APU噴水前

7月21日(月)噴水前企画/APU噴水前
内容:授業の各休み時間を使って各国の伝統芸能などを披露するイベント
出演:和太鼓“楽”、荒馬、インドネシアサマンダンス、ミャンマー伝統舞踊
時間:
1回目 10:20〜10:35
2回目 12:10〜12:25
3回目 14:00〜14:15
4回目 15:50〜16:05
5回目 17:40〜17:55

7月22日(火)大のり巻き大会〜多国籍編〜 /ミレニアムホール前より噴水周辺
内容:ミャンマー、中国、日本の具材を使った巨大なのり巻きを作るイベント
時間:13:30〜14:30

7月24日(木)「Smile Village Project」/ミレニアムホール、ウェーブ
内容:"地球家族"をテーマに5部構成で送るチャリティーイベント。ミャンマー、中国の伝統舞踊のコラボレーション、パントマイムの披露の他、ミャンマー、中国の災害の状況や支援活動を紹介します。イベントの最後には、音楽サークルの協力のもと、来場者全員でマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが作詞、作曲した「We are the World」を合唱し、ウェーブから1000個の風船を放ちます。
時間:18:00〜19:15
入場料:300円
※入場のためのバッジは、APUカフェテリアで販売中。当日はミレニアムホールの前で販売しています。



  • LINEで送る

PAGETOP